fc2ブログ

【ポケマス】マジコスユウキ&ラティオス性能解説

ユウキラティオス動画

フェス限定バディーズ「マジコスユウキ&ラティオス」の解説です。

「マジコスハルカ&バシャーモ」に続いて登場した悪の組織ホウエン編のキャラ。
ラティアスがアニバハルカの手持ちとして登場したため、ラティオスは順当にユウキと組んだ。
特防ダウンが使える特殊サポートという位置づけになっている。

まだ前編なのに切り札を出してきた感があるが、ここから後編やアニバも控えているので石の管理には気をつけたい。


スポンサーリンク



マジコスユウキ&ラティオス

ドラゴン・サポート・弱点フェアリー

☆5・LV140時のステータス
HP 660
攻撃 156
防御 277(304)
特攻 253
特防 288(374)
素早さ 270
※括弧はメガ時

りゅうのいぶき
ド特 2G 威42 命100 相手1
まひ(30%)

キズぐすり
T変 2回 威- 命- 味方1
HP40%回復

ラスターパージ
エ特 3G 威100 命100 相手1
特防↓1(50%)

飛ばしていくぞ!
T変 1回 威- 命- 味方全
急所率↑1
自分の技ゲージを最大で3使う
使った量が多いほど味方全員の特攻・特防↑(最大4)
技ゲージを3使ったときはさらに味方全員を次回ゲージ消費0状態にする

※メガ時

変化なし

B技

楽しい時間を思い出すりゅうせいぐん
サポート
ド特 威160 相手1
バトル終了までメガラティオスになる

パッシブスキル

登場時特殊ブーストG1
登場したときに味方全員の次回特殊技威力ブースト↑1

被攻撃時次回ゲージ消費無4
技で攻撃を受けたときに50%の確率で自分を次回ゲージ消費0状態にする

ダウン確率&効果2倍
技の追加効果で能力値を下げるときの成功率を上げる
技の追加効果で相手の能力を下げるときに下げる段階を2倍にする

※メガ時

被攻撃時次回ゲージ消費無9
技で攻撃を受けたときに100%の確率で自分を次回ゲージ消費0状態にする

解説

ドラゴンタイプのサポート。
特攻アップ・特防ダウン・特殊ブーストを使いこなし、特殊アタッカーを強力に支援する。

技「ラスターパージ」を当てるごとに、100%の確率で相手の特防を2段階低下させる。
「ハルカ(アニバ)&ラティアス」の「ミストボール」と違い、メガシンカする前から2段階低下させる。
3ゲージ技だが、「被攻撃時次回ゲージ消費無4」のスキルによってゲージを踏み倒すことが可能。
感覚としては「ホップ&ザマゼンタ」に近いが、メガシンカすると踏み倒し確率が100%になる。
技威力も特攻もそこそこあり、急所バフが確保できるなら自身の火力もかなり出すことができる。

テクニカルのような能力だがサポートである。
「特防ダウンができる、耐久力の高いサポート」というのが持ち味。

T技「飛ばしていくぞ!」は使用回数1で特攻4・特防4・急所率1を上げ、さらに次回ゲージ消費0状態をばらまく。
急所率1は弱く見えるが、大抵のアタッカーは「クリティカット+」などの急所率を上げる手段を持っているため問題にはなりにくい。
どちらかというと、自分の急所率が1しか上がらないことがデメリットといえる。

メガシンカが可能であり当然耐久が伸びるのだが、防御1.1倍・特防1.3倍という組み合わせなので物理耐久は過信できない。
メガシンカ後も「登場時特殊ブーストG1」を持っているため、当然もう1回発動する。

雑に使っても強いのだが、どうせなら特防ダウン+エスパー技を活かせるキャラと組みたい。
特防ダウンを要求するボードを持つ「ハルカ(アニバ)&ラティアス」と特に相性が良いように設計されているが、通常版の「ハルカ&ラグラージ」との組み合わせも優秀。
あちらの自己バフ(特攻2急所率2)に、マジコスユウキのバフが綺麗にはまってくれる。
同じく特防ダウンを要求し、特攻バフを持たない「サカキ&ミュウツー」とも相性が良い。
それ以外にも、初期キャラに多い "急所率2+特攻4" みたいなキャラの補助として役立てるだろう。
こうなると、自身がドラゴンタイプであることが要らぬ制限に見えてくる。
エスパーであれば収まりが良かったのだが、ラティアス・ラティオスの原作タイプを意識した結果だろうか。

ちなみに、ほぼ同時に登場した「マジコスハルカ&バシャーモ」との相性はあまり良くない。
物理+防御ダウンのアタッカー(テクニカル)と特攻アップ+特防ダウンのサポーターでは仕方が無いだろう。

スペックはかなり高いが、ボードの「妨害状態解除」以外には状態異常への耐性を持っていない。
毒などを受けると「ラスターパージ」も撃てなくなるため、そうした攻撃を使う相手には退散するしかない。

バディストーンボード(BSB)

育成方針

本体性能で完成しているので、ボードが無いと機能しないということはない。
「妨害状態解除」だけは欲しいので、これを習得できる技LV2までは上げておきたい。
技LV3まで上げる目的は、どちらかというと自身の火力アップの意味合いが大きいかもしれない。

LV1

「技後技ゲージ増加」系スキル。

LV2

ひるみ等への対策として「妨害状態解除」は絶対に欲しい。

他、「キズぐすり:技後技回数回復1」「キズぐすり:HP回復技回復量増加1」が1個ずつ、「りゅうのいぶき:異常確率上昇1」などが追加。
「P技後素早さアップ9」は余裕があればといったところ。

LV3以上

「登場時急所率アップG1」はメガシンカ時でも発動するため、パーティの急所率を合計3段階上げられる。
大抵のアタッカーは急所率2段階ぐらいは自力で上げられるため、主な目的は自分自身の急所率を上げることになるだろう。
「ラスターパージ」の火力が結構あるので、その急所率が50%から100%になるのは大きい。

「キズぐすり」系が各2個に増える。

「被攻撃時防御特防↑G4」はパーティ全体の耐久力を上げてくれる。
発動率50%でその中から防御を引かないといけないため、物理防御の増加ペースは遅いという点に注意。

「初B技後BC加速1」はB技の周期を安定させてくれるが、重要度の低いスキルを経由しなければならずパワー19~23を要求されてしまう。
「全ダウン無効」も17点とあまり優しくない。
「初登場時BC加速1」は10点と安めだがBC加速を2追加する必要があり、「マジコスルザミーネ&ネクロズマ」等と組ませる場合に有効。

おすすめ構成例

タンク型
方向 スキル名 P
右上 すばやさ+5 2 1
とくぼう+5 2 1
ラスターパージ+3 3 2
妨害状態解除 7 2
左上 HP+10 2 1
りゅうのいぶき+4 3 2
被攻撃時防御特防↑G4 9 3
P技後素早さアップ9 9 2
初B技後BC加速1 10 3
左下 HP+10 2 1
ラスターパージ+3 3 1
キズぐすり:技後技回数回復2 7 2
合計パワー 59

防御・サポート系のスキルに振った構成。
「初B技後BC加速1」が19点とクソ高いので、「キズぐすり:技後技回数回復2(2つめ)」「登場時急所率アップG1」と交換してもいい。

技LV2型
方向 スキル名 P
右上 すばやさ+5 2 1
ぼうぎょ+5 2 1
ラスターパージ:技後技ゲージ増加37 1
妨害状態解除 7 2
左下 HP+10 2 1
キズぐすり:HP回復技回復量増加110 2
キズぐすり:技後技回数回復1 7 2
左上 HP+10 2 1
りゅうのいぶき+4 3 2
P技後素早さアップ9 9 2
ぼうぎょ+5 2 1
右下 すばやさ+5 2 1
ぼうぎょ+5 2 1
HP+10 2 1
合計パワー 59

技LV2で組める構成。
「妨害状態解除」と「キズぐすり」関連以外はなんでもいい。
「りゅうのいぶき:異常確率上昇1」でまひを狙ってみるのもいいかも。

ポテンシャル

通常クッキー

「急所無効」で問題はない。
※急所無効…しっとり☆3以下

スペシャルクッキー

特になし。
ちなみに、スキルは技の追加効果だけを指定しているため、「攻撃時○○ダウン」系の効果や発動率が2倍になることはない。

今回は以上です。
他の記事はこちらからどうぞ。



スポンサーリンク



関連記事・広告

コメント

非公開コメント