名探偵ピカチュウ プレイ日記&感想、レビュー

ピカ

『名探偵ピカチュウ』購入しました。
※軽いネタバレを含みます。

スポンサーリンク




配信開始は当日の朝10時からでした。

例のピカチュウは最初から喋れたりあの性格だったわけではなく、
どうやら交通事故に巻き込まれて何かが変わってしまった様子。
また言葉が分かるのも主人公のティムだけらしい。

ともかく失踪した父の手がかりを探すティムと
父の相棒だったピカチュウが出会うところから物語は始まる。

基本のゲーム内容は証拠や聞き込みを頼りに推理する、いわゆる「お使い」。
推理の難易度は今のところ低め。
QTE(イベントシーンでタイミング良くコマンド入力するやつ)もあるが、
この難易度は人によるか。失敗しても死んだりはしないが、何かあるのだろうか。

セーブ枠が1つでおまけにオートセーブなので、やり直すなら最初から。
シーンごとに見直したりはできないっぽい?
※追記:「はじめから」を選んでもセーブデータの上書きはできない模様。
タイトル画面で上+X+Bを押すことでセーブデータを消去できる。(説明書に記載)


テキストはカナと漢字を切り替えられる。

1200円にしてはしっかり作られていると思う。どちらかというと映画に近い。
ピカチュウやポケモン達の姿を見ているだけでも楽しいので、
ポケモン好きなら買い、といったところだろう。


以下キャラ紹介。といっても2人だけだが。

ティム
ポケモンの力を借りることなくオニゴーリをKOする剛の者。
トレーナーではないが、やはりこの世界の人間は強靭なようだ。
近々大学に入るというので、18歳ぐらいだろう。

ピカチュウ
どう見てもこいつが親父です本当にありがとうございました。
おっさんのような仕草もピカチュウ本来のものではないのだろう。
声も違うし、元々は普通のピカチュウだったようだ。
そのうち「中身がピカチュウのハリー」も登場するのだろうか…。
コーヒーの違いが分かる男。


↓こちらからAmazonで購入できます。






スポンサーリンク



関連記事・広告

コメント

非公開コメント