fc2ブログ

【ポケマス】コトネ(20シーズン)&プリン性能解説(21/07/21改稿)

コトネ_サマー

季節限定バディーズ「コトネ(20シーズン)&プリン」の解説です。

コトネが浴衣姿で登場。
パートナーはプリンで、フェアリータイプのアタッカーとなっています。
プクリンへの進化は無し。

※21/07/20の復刻に際して改稿を行いました。


スポンサーリンク



コトネ(20シーズン)&プリン

フェアリー・特殊アタッカー・弱点鋼

☆5・LV135時のステータス
HP 739
攻撃 410
防御 129
特攻 370
特防 129
素早さ 181

マジカルシャイン
フ特 2G 威50 命100 相手全
追加効果なし

クリティカット+
T変 2回 威- 命- 自分
急所↑↑

じゃれつく
フ物 3G 威111 命90 相手1
攻撃↓(10%)

オン ステージ!
T変 2回 威- 命- 自分
自分のわざゲージを2増やす(自分がねむり状態のときは4増やす)
攻撃・特攻↑(自分がねむり状態のときは↑↑)
自分がねむり状態のときはHP40%回復
自分がねむり状態のときはねむり状態を解除する

B技

キュートにパワフルなチャームボイス
フ特 威250 相手1
追加効果なし

パッシブスキル

相手にB技後眠り付与
相手を対象にしたB技が成功したとき相手をねむり状態にする

攻撃時攻撃アップ2
技での攻撃が成功したとき30%の確率で自分の攻撃↑

P技後特攻アップ2
ポケモンが技を使ったとき30%の確率で自分の特攻↑

解説

フェアリータイプの特殊アタッカー。
ただし主力技は物理の「じゃれつく」で、実質的には両刀アタッカーです。
これは本家でのプリン系が「ムーンフォース」を習得できないことに由来しています。

T技「オン ステージ!」は「自分がねむり状態のとき、それを治療した上で効果がアップする」という特殊な効果を持っています。
しかし自分からねむり状態になる手段は無く、壁役でもないので、「マルチ」や「相手が全体ねむりを使う」など非常に限定的な状況でしか追加効果を活用できません。
実質的には「攻撃・特攻1段階アップ+技ゲージ2回復」というかなり貧弱なT技となってしまっています。

「クリティカット+」はこれ自体は強いものの、運用上「セレナ&マフォクシー」と並べることが多く、そちらとの噛み合いは若干良くない模様。
それを考えなければ普通に有用な技。

スキル効果でB技後に相手を確定で眠らせることができます。
行動遅延のほか、LV3ボードでは「相手ねむり時威力上昇5」も活用可能です。
EX化で全体化させた場合、このねむり効果も全体化します。

登場時点では珍しいフェアリータイプのアタッカーでしたが、現在では「カルネ&サーナイト」等の強力なライバルが数多く登場し、立場が危うい状況。
ねむり状態の活用や「ジョウト」タグなど、独自の強みで生き残りを図りたいところ。

実際引く理由の9割ぐらいは観賞用だと思います。
その上で上手く使ってあげられれば満足度も高そうです。

バディストーンボード(BSB)

育成方針

大きくは「じゃれつく」型「マジカルシャイン」型かに分かれます。
単純な威力は「じゃれつく」が2倍近くありますが、「マジカルシャイン」型は攻撃バフを省略できる利点があります。

LV1

特に強力なものは無いので、見えるものだけ回収していきます。

LV2

「相手ねむり時B技威力↑5」の活用は。
さらに「じゃれつく:わざ後わざゲージ↑3」が2つに増えます。

LV3以上

最重要となる「相手ねむり時威力上昇5」が追加。
さらに「じゃれつく:命中率アップ+10」「マジカルシャイン:急所時威力上昇3」
4個の紫パネルも全てLV3で解禁。

右下の紫が取れる場合、「じゃれつく:ダウン確率上昇4」を取りに行けます。
「こうげき+20」との二択になるものの、デバフ軸なら取っても良いかもしれない。

おすすめ構成例

「じゃれつく」型
方向 スキル名 P
右上 こうげき+5 2 1
じゃれつく+2 3 1
じゃれつく+3 4 2
じゃれつく命中+10 8 3
B技+25 5 3
じゃれつく:技後技ゲージ増加3 6 1
右下 ぼうぎょ+5 2 1
相手眠り時B技威力↑5 8 2
左下 B技+25 5 3
マジカルシャイン+4 3 2
マジカルシャイン+4 3 2
相手ねむり時威力上昇5 10 3
合計パワー 59

「じゃれつく」とB技で攻撃する標準的な構成。
命中率が他の手段で確保できる場合、紫パネル1個が追加できます。

ポテンシャル

「急所時威力上昇2」…ばりばり☆3以下

相性の良いバディーズ

セレナ&マフォクシー

スキルで全体にねむりを撒くことができるため、EX化した「コトネ&プリン」との相性が良い。
中央と両脇ではねむりの治療時間が異なる事が多いため、ちゃんとコトネのB技が全体に当たるようにタイミングに注意。

ヨウ&アシレーヌ

「うたう」は単体対象な上に安定性も低め。

その代わり攻撃・特攻4段階アップのT技を所持しているため、コトネの貧弱なバフを丸ごとカバーしてあげることが可能です。

リーリエ&ピッピ

「ヨクアタールG」で命中率を補強でき、「全力です!!」のバフ効果が全体B技との相性に優れます

ただしチャンピオンバトルの場合、他のパーティ(とりわけ「マジコスレッド&リザードン」軸)との取り合いになるのが難点。

ヒカリ&マホイップ

「うそなき」「P技ダウンG4」で特防デバフをばらまき。
さらにT技で味方1人の攻撃・特攻を4段階まで上げるため、これまたカバー力に優れます。

耐久にやや難がありますが、攻撃デバフ、ねむり状態による遅延、LV2ボードのスキルで少し改善されます。
LV3ボードになると回避デバフが加わり、命中率も補強可能。

なお「ねむり無効G」によって「オン ステージ!」の追加効果が完全にむいあじと化しますが、おそらく誰も気にしないと思います。

今回は以上です。
他の記事はこちらからどうぞ。



スポンサーリンク



関連記事・広告

コメント

非公開コメント