FC2ブログ

【FEH】ヴァルハルトのステータス・解説とスキル構築例

IMG_20180729_212607.jpg
遠反でなかった事に落胆した人も多いという話ですが…

スポンサーリンク



ステータス・スキル
覇王 ヴァルハルト
斧・騎馬
☆5ステータス 合計値157
LV HP 攻撃 速さ 守備 魔防
1 19 11 5 8 3
40 41 37 27 36 16
初期スキル
武器ヴォルフベルグ(☆5・継承不可)
守備+3
周囲2マス以内の敵と味方の数(自身と戦闘相手を除く)が同じか敵の方が多い時、戦闘中、攻撃速さ守備魔防+4
奥義月光(☆4)
カウント3
敵の守備魔防-50%扱いで攻撃
Aグラニの盾(☆3)
騎馬特効無効
B守備の封印3(☆5)
ターン開始時、敵軍内で最も守備が高い敵の守備-7
(敵の次回行動終了まで)
解説

【ヴォルフベルグ】の効果は伝承エフラムに近いが、あちらの効果(追撃)に比べると見劣りする。
武器種からして違うので無意味な比較ではあるが。
状況によっては効果を当てにせず、バニラ武器として扱うことも考えるべきである。

武器効果が効いている状態では守備は43に達し、物理相手ではかなり死ににくくなる。
これに【近距離防御】や【攻撃の紫煙】等のスキルを上乗せすれば、敵集団に突っ込ませても生き残れる可能性は高くなる。

【守備の封印】を持っているので、勇者系のお供にも適している。
【勇者の弓+】を持たせた騎馬弓リンや、剣ラインハルト等と良くシナジーする。

貴重な【グラニの盾】持ちではあるが、継承素材とする場合も基本的には【守備の封印3】を選択するべきだろう。

構築例
構築例1・物理受け型
武器 ヴォルフベルグ
補助 引き戻し
奥義 天空
華炎
A 近距離防御3
B 切り返し3
キャンセル3
C 攻撃の紫煙3
聖印 近距離防御3

上記の物理相手の生き残りを最優先とした構成。
【ヴォルフベルグ】・【近距離防御】×2・【攻撃の紫煙】が全部効いていれば守備52・魔防39相当になるため、青竜くらいならある程度受けられるようになる。
弓暗器への耐性を優先する場合は、Aを【金剛の構え】系のスキルに。

Bは【切り返し】としたいところだが、奥義で崩れる可能性があるので、【キャンセル】との選択になる。

構築例2・サポート型
武器 ヴォルフベルグ
補助 引き戻し
奥義 凶星
A 獅子奮迅3
グラニの盾
B 守備の封印3
C 騎刃の鼓舞
聖印 攻撃の大紋章2
切り返し3

【守備の封印】を活かし、味方のサポートを優先した構成。
最近は【ロムファイア】等、ついでのように騎馬特効を持つ武器も増えているため、【グラニの盾】も割と侮れない。

構築例3・キラ鍛緋炎型
武器 キラーアクス鍛+(守)
補助 引き戻し
奥義 緋炎
A 獅子奮迅3
グラニの盾
B 守備の封印3
C 騎刃の鼓舞
聖印 切り返し3

守備特化キャラの定番構成。
【ヴォルフベルグ】がどうしても合わないという人向け。
【守備の封印】があるので、敢えて彼でやる意味はある、はず。



スポンサーリンク



関連記事・広告

コメント

非公開コメント